海外旅行,英会話教材

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

海外旅行で役立つ英会話教材とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

英会話の学習を行う目的は人それぞれです。

 

海外赴任や留学を予定している人、英語の試験を受ける必要がある人のほか、

 

海外旅行に出かけた際に英会話のスキルを役立てたい、と考えている人もいるでしょう。

 

では、海外旅行で役立つ英会話教材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

海外旅行では、リスニング力に加えて、日常会話で使えるフレーズを多く知っていると役立ちます。

 

そんなフレーズ力を高められる教材が、「旅行英会話 たびえいご100」(アルク)です。

 

 

 

オンライン環境であれば音声を聞くこともできるので、正確な発音も身に着けることができますよ。

 

フレーズが100個に絞り込まれているので、旅行が近づいてきて焦っている、という人にもオススメです。

 

 

 

より多くのフレーズを学びたい、という方には、「Hapaトラベル英会話完全版」という教材が役立ちます。

 

この教材では、「カフェ編」、「入国審査と税関編」といったシチュエーション別にテキストが分かれています。

 

具体的なシチュエーションが想定されているので、

 

どこから手を付けてよいかわからない、という人でも取り組みやすい教材です。

 

 

 

 

Hapa英会話教材では、CDが付属しているので、正しい発音を繰り返し聞くことができます。

 

また、ロールプレイ式の学習が可能になっており、自ら英文を読み上げる機会もあります。

 

CDを聞いているだけだとリスニングはできても、

 

いざ話そうとすると英語が出てこない、といったケースがあり得ます。

 

 

 

自分が言いたいことをしっかり伝えられないと、せっかくの楽しい旅行でストレスが溜まってしまいますよね。

 

英会話ができずに旅行の楽しさが失われないよう、

 

Hapa英会話を使ったロールプレイ練習で会話力を磨いておくと良いでしょう。

 

 

 

海外旅行に行ったときには、旅行ならではの英会話表現を使えるかどうかが問われます。

 

一般的な英会話表現は、外国人と一緒に生活するのでもない限り、それほど多く必要とされません。

 

いっぽう、空港やホテルでの会話ができないと、旅行の際に苦労してしまいます。

 

 

 

相手が丁寧にゆっくりとした英語で確認してくれればまだよいのですが、

 

早口で話されてなかなか聞き取れない、といった事態も考えられます。

 

 

 

あらかじめ自分がいくつかのフレーズを学んでおけば、相手の英語が聞き取れなくても、

 

自分の意思を最低限、伝えることができます。

 

 

 

ここで紹介した2つの教材はいずれも、海外旅行で遭遇しやすい場面で役立つフレーズを学べる内容です。

 

時間に余裕のある人はHapa英会話、時間があまりない人はアルクのたびえいごを使ってみてはいかがでしょうか。

 

タグ : 

英語教材   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る