スピードラーニング,口コミ

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

スピードラーニングの口コミ

読了までの目安時間:約 8分

 

スピードラーニングの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語教材を検討する時に必ずといってよいほど

 

名前があがるスピードラーニングですが、

 

実際の利用者の口コミはどうなのでしょうか。

 

 

 

さまざまな口コミサイトが存在し、

 

では「結局どうなの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

 

それらをまとめたいと思います。

 

 

 

そもそもスピードラーニングとはどのような教材なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「聞き流すだけで英語が身につく」という宣伝文句がありますが、

 

主にリスニングが中心の教材となっています。

 

送られてくる教材にはリスニング用のCD(最近はデジタル版も発売されている)と、

 

その内容が書かれたブックレットが付属されています。

 

 

 

CDには2種類あり、

 

英語の会話が流れた後にその意味を日本語で話しているもの、

 

もう一つは英語の会話のみのものです。

 

 

 

そしてこのスピードラーニングの最大の特徴といたしましては、

 

その会話のバッググラウンドにクラシック音楽が流れているということです。

 

 

 

この理由といたしましては、脳波がリラックスして

 

英語が最も脳に吸収されやすい状態を作るそうです。

 

 

 

どのようなメリットがあるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの口コミを見ていますと、

 

真剣に利用した方たちの意見として

 

「リスニング能力が格段に上がった」というものが多いようです。

 

 

 

確かに何度も何度も繰り返して聞くことができるような、

 

シチュエーションが浮かぶような内容の英会話なので飽きずに聞けるので、

 

だんだんとハッキリ聞き取れるようになってきます。

 

 

 

会話の内容自体が頭に入ってくるので、

 

いつの間にか「次はこう返すな」ということが英語で頭に入ってきます。

 

 

 

なかなかこの手の教材では比べられることがないことではありますが

 

「スピードラーニング」の英会話内容は充実していて面白いということが、

 

これだけ長く続いている人気教材の一番の秘密ではないでしょうか。

 

 

 

スピードラーニングのデメリットとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにリスニングに関しては目に見えて上達する教材だと思います。

 

ただ、実際の英会話となると、

 

収録されているシチュエーションではない場面に遭遇した時は

 

まったくと言っていいほど応用がききません。

 

 

 

考えてみれば分かることですが、会話とは生物です。

 

始めからすべてのやり取りが想定通りに進むものではありません。

 

そういう点を考えますと英会話の上達には

 

まったくと言っていいほど不向きであることがわかります。

 

 

 

それに加え、単語力もほとんど伸ばすことができません。

 

会話の中で出てくる単語は覚えることができますが、

 

その他の単語は別の教材で自分で覚える必要があります。

 

 

 

どのような利用法が効果的か

このようなスピードラーニングのメリット、デメリットから、

 

この教材はリスニングに特化した勉強法に適していると言えるでしょう。

 

ただ、決して安くはないこの教材を最大限活用すればさらに伸ばせる分野があります。

 

 

 

それは発音です。

 

ネイティヴの綺麗な発音で録音されているため、

 

シャドーイングという、聞いた英語をそのまま真似して続けて発音する方法を用いれば

 

一気に発音の力を伸ばすことができます。

 

 

 

多くの留学生が最初にぶつかる壁と言われているのがこの「発音」です。

 

どんなに簡単な英語を使ってわかりやすい英文を組み立てて話すことができても

 

発音が悪いため相手の外国人に伝わらないということをほとんどの人が経験しています。

 

それくらい「発音」というのは軽視されがちですが重要な項目であるのです。

 

 

 

英会話をする上での英文法などはスピードラーニングではほぼカバーしていませんので

 

他の教材を利用するとして、この教材を「聞き流す」だけでなく

 

「自分でも真似して発音してみる」という一歩踏み込んだ使い方をすれば、

 

思った以上に英語の実力を伸ばしてくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

タグ : 

英語教材 スピードラーニング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る