スピードラーニング,学習法

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

スピードラーニングの効果的な学習法

読了までの目安時間:約 7分

 

スピードラーニングを学習する前に

 

有名な英語の教材であるスピードラーニングについて紹介していきたいと思います。

 

スピードラーニングや英語の学習をする前に大切なのは

 

どれくらいのレベルの英語力をつけたいかを学習する前にきちんと決めることです。

 

 

 

例えば、受験を控えた高校生の場合、

 

受験の科目である英語の試験の問題を解く力を身につけることが最優先になります。

 

そうなってくると、英語の会話力というよりは英語の文法をきちんと理解する力や

 

難しい単語をたくさん覚えることがとても大切になってきます。

 

 

 

なので、受験を控えた高校生が英語の勉強をするときは、英語の文法書をたくさん読み、

 

文法の問題をたくさん解くといった勉強をする必要があります。

 

また、単語帳を買ってそれを暗記し続けるというような

 

誰もが学生時代にした勉強をしなければなりません。

 

 

 

しかし、多くの人が身につけたい英語力のレベルというのはどのくらいでしょうか。

 

おそらく、外国人と会話したり、外国人の話を聞きとったり、

 

外国にある看板や地図などが読めるといった基礎的な力です。

 

 

 

そのときに、そのレベルの英語力を身につけるために

 

効率的な勉強方法となるのがスピードラーニングです。

 

ここからはスピードラーニングがどんな教材なのかを紹介していきます。

 

 

 

スピードラーニングの基本的な学習方法

 

 

スピードラーニングの主な学習方法は、英語の文章をずっと聞き流すだけという勉強法です。

 

付属のCDは、英語→日本語の順番で文章の音声が流れてきます。

 

ここで大切になるのが、きちんと英語を聞いたときに

 

日本語の訳がすぐに思い浮かべられるようになるまで訓練することが大切になります。

 

 

 

英語の会話力を身につける上で重要なのは、ネイティヴが話す会話のスピードについていくことです。

 

そのために、英語を聞いたときにその情景が浮かんでくるまで練習をする必要があります。

 

そこで、スピードラーニングを通勤時間や暇なときにずっと聞き流し続けて、

 

英語の文章を聞いた瞬間に情景が浮かんでくる練習をした方がいいです。

 

 

 

また、赤ちゃんが英語を覚えるときも、

 

書いたり読んだりする前にたくさんネイティヴの英語を聞きながら学んでいきます。

 

おそらく、人間が言語を覚えることで大切なのはその言語をたくさん聞くことなのです。

 

 

 

だから、現地で話されているネイティヴの

 

英語のリスニングの学習時間を増やすことはとても大切になります。

 

その点スピードラーニングはとても効果的で効率的な学習方法です。

 

 

 

スピードラーニングのより効果がある学習方法

 

スピードラーニングの学習をより効率的にするために、

 

加えてやってほしい勉強法はスクリプトを読んで

 

どうしてこの英語がこの日本語になるのかを理解することです。

 

 

 

ただ意味もわからずに英語だけをきいても効果はなく、

 

お経を聞いているのと同じです。

 

 

 

英語の勉強をしたことがある人はわかると思うのですが、

 

単語だけわかっていても英語の文章が理解できないことがあります。

 

 

 

なので、英語の文章と日本語の文章を照らし合わせて

 

どうしてこの訳になるのかをきちんと理解してから練習するととても効果的です。

 

意味がわからない文章を何度聞いてもずっと意味がわからないままです。

 

 

 

スピードラーニングのまとめ

 

 

基本的にスピードラーニングは反復練習が大切で、時間がかかります。

 

しかし、これは英語学習の基本です。

 

そして、ネイティヴの会話についていくためには避けて通れない道です。

 

 

 

その上で、スピードラーニングは、いつでもどこでもCDを聞き流すことができて、

 

ネイティヴの生の英語と日本語を交互に読むという効率的な勉強をすることができます。

 

加えて、聞き流す英語の文章の理解をきちんとすることで、

 

練習の効果がさらに出ると思うのでオススメです。

 

タグ :  

英語教材 スピードラーニング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る