スピーキング,独学

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

スピーキングは独学では上達しない?

読了までの目安時間:約 8分

 

スピーキングは独学では上達しない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語をマスターして、

 

外国人とたくさんコミュニケーションをとれるようになりたいのであれば、

 

どんどん英会話が出来るように学んでいかなくてはなりません。

 

 

 

ここで学んでおかなくてはならないのは、

 

教科書通りの文法などではなく、

 

正しい発音とスピーキング力です。

 

 

 

文法を覚えることによって、正しい英会話が出来るようになりますが、

 

会話をする外国人からしてみると、いくら正しい文法を使って

 

会話をしようとしてくれても、発音が悪くて聞き取れないのは困りものです。

 

 

 

発音が悪くて文法が正しい人と、

 

発音が良くて文法が間違っている人であれば、

 

どちらの方が会話がしやすいでしょうか。

 

 

 

会話のしやすさからしてみると、

 

正しい発音の人と会話をするほうが聞き取りやすくなりますので、

 

会話が進みやすくなります。

 

 

 

そうなるといかに発音が正しくできるかが、

 

英会話をしていくうえでは重要なことかがわかりますので、

 

正しい発音でスピーキング力をつけていくようにしなくてはなりません。

 

 

 

正しい発音でのスピーキング力をつけたいのであれば、

 

独学で学んでいくことが出来るでしょうか。

 

独学で学ぶには、家でテキストを見ながら行ったり、

 

英会話のCDを聞きながら学んでいく事もできるでしょう。

 

 

 

しかしそれでは正しい発音が出来ているかを確認しづらい部分があります。

 

自分では正しく発音できているつもりだったとしても、

 

日本人にとっては難しいLとRの発音の違いなどがうまくできないかもしれないからです。

 

 

 

正しい発音を身に付けたいのであれば、外国人と会話を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独学で正しい発音を身に付けたいのであれば、

 

外国人と会話をしていく事です。

 

外国人がたくさん集まるバーなどに行って、

 

どんどんアウトプットをして確認をしていく事です。

 

 

 

自分が発する発音が正しいか、

 

もしくは近いものがある場合には、

 

外国人は眉毛一つ動かすことなく会話を続けてくれるはずです。

 

 

 

しかし発音が悪かったり、

 

聞き取ってもらえなかった場合には、

 

一瞬でも表情が変わるはずですので、

 

そこを見逃さないようにしなくてはなりません。

 

 

 

相手の表情が変わったことがわかれば、

 

自分の発音はまだまだだということがわかりますので、

 

さらに練習を重ねる必要があります。

 

 

 

そしてスピーキングをしていくためには、

 

一瞬で理解する能力が必要になります。

 

相手が言っていることに対して、たくさんの回答をする必要はありません。

 

 

 

スピーキングが出来るようになったかは、アウトプットを繰り返す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはイエスかノーかだけでも答えられるようになれば、

 

次の会話に進んでいくことが出来ます。

 

相手が質問を投げかけてくれているというのに、

 

イエスかノーかも言えないようであれば、会話を続けていく事はできません。

 

 

 

しかし相手の質問に対してイエスかノーかで応えるだけでも

 

会話はある程度成り立っていくようになるのです。

 

どれだけ自分がスピーキングが出来るようになったかは、

 

アウトプットを繰り返していかなければわからないことでもあります。

 

 

 

家ではCDが話している英会話が聞き取れたとしても、

 

実際の会話となると、相手が早口であれば聞き取りにくくなりますし、

 

小さな声でぼそぼそ離されてしまえば、さらに聞き取りにくくなります。

 

 

 

CDは勉強用に作られたものになりますので、

 

勉強しやすいようにはっきりと発音してくれているので聞き取りやすいのです。

 

しかし実際の会話となれば、そこまで気の利いた話し方を

 

してくれるかどうかはわかりませんので、聞き取れないことも多くなります。

 

 

 

スピーキングをしていくうえで、聞き取ることが出来るか、

 

聞き取ってもらうことが出来るかによって

 

会話を成り立たせていくことが出来ますので、

 

最初は多くを望まずに少しずつでも会話が出来るようにしていきましょう。

 

 

 

そのためには、外国人とどんどん会話をする機会を増やすようにし、

 

積極的に学んでいく事です。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 スピーキング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る