英語,リーディング,学習

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

最近の投稿

速攻で英語力UP!リーディング学習ポイントまとめ

読了までの目安時間:約 6分

 

速攻で英語力UP!リーディング学習ポイントまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス上で英語を使う機会が増えてきています。

 

英語を話すことが出来るというところが重要となりますが、

 

それにはまずリーディングが出来ているかが大きな課題となってきます。

 

そのため、英語を学習する際にはまず、リーディングを中心的に学びましょう。

 

 

 

リーディングは海外の企業へ転職するときやMBAを取得するとき、

 

TOEICを受験するとなどに役に立ちます。しかし、学習に膨大な時間がかかるため、

 

仕事をしているビジネスマンが一から勉強しようと思うととても大変です。

 

ですので、効率的な勉強を心がける必要があります。

 

 

 

リーディングを行う時に必要となってくるもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーディングを行う時に必要となってくるものは3つあります。

 

まず一つ目は、単語や文法、発音を理解しているかどうかです。

 

中学や高校の時に勉強していた内容がある程度頭に入っている状態でないと

 

なかなか本格的なリーディングは難しいです。

 

 

 

二つ目は、専門的な知識を知っているかどうかです。

 

ビジネス上でリーディングを行う時は

 

専門的な内容を理解していないと読解は難しいです。

 

逆に仕事の内容についてわかっていれば内容が予測できることもあります。

 

 

 

三つ目は、推測することです。

 

読解においてすべての文章を理解する必要はありません。

 

どのような内容なのかを推測できれば問題ないのです。

 

 

 

前後の文脈から意味を理解する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方が学生時代に前後の文脈から意味を理解した経験があるでしょう。

 

その能力がビジネス上でも重要となります。

 

では、実際どのように勉強していけばいいのでしょうか。

 

 

 

まず、重要となるのは音読をすることです。

 

特に普段英語に慣れ親しんでいない人にとってはとても重要なプロセスです。

 

どんな内容を勉強するにしても体に慣れさせる必要があります。

 

 

 

どのような教材を使ってもいいですが、

 

音声CDが付いているもののほうが学習効果が高いです。

 

CDを聞いて実際に音読してみるそれを繰り返しましょう。

 

この時、素早く読むことを意識してください。

 

 

 

また、内容を理解しようとするあまり返し読みをしようとするのもよくありません。

 

サッと読んであとは日本語訳に目を通すようにしましょう。

 

音読に時間をかけすぎるのもよくありません。

 

そのため、辞書を使って意味を調べるのは時間がかかりすぎるのでやめましょう。

 

 

 

耳が英語に慣れてきたら単語の勉強をしましょう。

 

教材は一般的に受験の際に使われている単語帳で問題ありません。

 

ただし、意味が分からなかったら英英辞書を使うようにしましょう。

 

 

 

わからないところがあったら日本語を見るのが一番簡単な方法ですが、

 

無駄がとてもあります。

 

最終目標としては英語から日本語に変換するプロセスを排除しなければならないので、

 

出来るだけ日本語で書かれていないものを使うほうがいいでしょう。

 

 

 

さらに、この時になったら文法も同時に理解できるようにしましょう。

 

ここまで来たらあとは意味を推測できるようになりましょう。

 

タイトルから大体の内容を予測できることが理想です。

 

 

 

この時は自分のレベルよりも低い本を使えば推測しやすいでしょう。

 

このように、読解も段階を踏んでいけば難しいものではありません。

 

日々の鍛錬がとても重要です。

 

 

 



 

タグ :  

英語学習法 リーディング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る