英会話,初心者,ポイント

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

英会話を学ぶ初心者が知っておきたいポイント

読了までの目安時間:約 8分

 

英会話の初心者の方が学ぶときの第一のポイントは、語彙力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話の初心者の方が学ぶときの第一のポイントは、語彙力です。

 

語彙力が不足していると、英会話をいくら勉強しても、

 

英語による会話の力はアップしません。

 

 

 

語彙は、自分の言いたいことを英語で表現する時の基礎になります。

 

例えば、アメリカに行ったときに歯が痛くなって、歯医者を探すとします。

 

その時に歯医者という単語を知らなければ、

 

自分の言いたいことを伝えるのは難しくなります。

 

 

 

電子辞書が手元にあれば、それを調べて活用できますが、

 

いちいち辞書を使っていたら、会話のスピードが遅くなり、

 

普通のコミュニケーションができなくなります。

 

 

 

初心者の方が英会話の勉強を始めたら、

 

語彙をコツコツ増やすように努力しましょう。

 

毎日単語や熟語を覚えるのが理想です。

 

 

 

大量の単語を覚える必要はありません。

 

1日に3つから5つの単語でも十分です。

 

それぐらいの量でも、1ヶ月続けたら100個程度の単語を覚えられます。

 

 

 

3つから5つ程度を覚えるのだったら、それほど時間もかかりません。

 

通勤時間などのすき間の時間を利用すれば、簡単に覚えられます。

 

 

 

英会話の初心者の方が学ぶときの第二のポイントは、発音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

語彙と関連して、もう一つ大切なことがあります。

 

それは発音です。

 

単語を覚えながら、

 

発音もしっかりマスターしましょう。

 

 

 

英語の発音は、日本語の発音にくらべて複雑です。

 

母音の数が多く、日本語にはない母音もあります。

 

また子音にも発音しにくいものがいくつかあります。

 

 

 

例えば、thisなどに使われているthの発音は難しいです。

 

英語の発音は、ネーティブに教えてもらうのが理想です。

 

英会話の学校に通えば、教えてもらうことができます。

 

それが難しい場合は、ネットを活用しましょう。

 

 

 

インターネット上の辞書のサイトでは、発音を聞けるところがあります。

 

それを聞きながら、繰り返し発音の練習をしましょう。

 

口の形の作り方が分かれば、発音はしやすくなります。

 

それを解説したサイトもあるので、探してみましょう。

 

 

 

文法も初心者の方のポイントになります。英文法は簡単ではありません。

 

参考書は抽象的な言葉を使って解説することが多いので、

 

それを読んでも頭の中に入りにくい場合があります。

 

文法は詳しいことを知る必要はありません。

 

 

 

しかし、関係詞や仮定法といった日本語にはない文法のことは、

 

詳しく知っておきましょう。

 

重要な文法の事項を含んだ英文を覚えるようにするのが良い方法です。

 

 

 

長い文ではなく、短い文を多く覚えていきます。

 

例文を載せた英語の参考書があるので、それを購入して、

 

初めのページから暗記するようにします。

 

 

 

たくさんの英文を覚えることができたら、それを英語の会話に使えるようになります。

 

覚えたことを少し変えたりして、自分の英語の表現の幅が広がり、

 

英語を話すことが楽しくなります。

 

 

 

英会話の初心者の方が学ぶときの第三のポイントは、リスニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リスニングも能力も重要なポイントの一つです。

 

スピーキングとリスニングをくらべたら、

 

リスニングの方が難しいです。

 

 

 

スピーキングは自分の英語の能力に応じて、

 

言葉を使うことができますが、

 

リスニングは相手の能力に合わせなければなりません。

 

 

 

早口で話す人やぼそぼそ話す人もいて、

 

相手の言うことを聞き取るのは楽ではありません。

 

リスニングの能力は英語を繰り返し聞くことによって伸びていきます。

 

 

 

最初は100%聞き取れなくても構いません。

 

5割程度しか聞きとれなくても、

 

練習したら聞き取りの能力は次第に上がっていきます。

 

 

 

ネーティブによるいろいろな会話を収録したCDのついている参考書が販売されています。

 

それを購入して使うようにしましょう。

 

教材は1回聞くだけでは不十分です。

 

何回も繰り返して聞かなければなりません。

 

 

 

その文の意味が分かった後でも、繰り返し聞きます。

 

繰り返すことで英語の音に自分の耳が慣れるようになります。

 

 

 

 

タグ :  

英語学習法 学習のポイント   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る