フォニックス,英語

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

「フォニックス」をはじめて英語を勉強する中学生に!

読了までの目安時間:約 8分

 

【中学校から英語をはじめるとどうなるか】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私個人は英語を教えた経験もありますが

 

「子どもの興味優先したらどうなるか」

 

試してみたかったのでわが子は中学校で習いはじめるまで

 

一切英語を教えませんでした。

 

 

 

幼稚園の時期に英語の歌を聞かせたり絵本を読もうとしたのですが一切興味なし。

 

周りの子たちが次々に英語教室に通ったり公文で英語を習っている中、

 

全く何の知識もなく入学しました。

 

 

 

さすがに小学校のローマ字で習ったので自分の名前は英語で書けます。

 

ローマ字は大文字で習ったのかAKSTNHMYRWはわかるのですが、

 

bとdの区別はおろか小文字は全部アウトでのスタートです。

 

 

 

担当されたのは若い先生でした。

 

高校での授業経験はあるけれども

 

ABCから習うはずの中学校での授業経験はないようでした。

 

 

 

こっそり教科書やワーク、テストをチェックしましたがどうも全く入っていない様子。

 

はじめての中間テストを終えて「このままではまずい」と一念発起しました。

 

 

 

【中学校から英語をはじめてつまづくポイントはここ!】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業はきちんと受けていて宿題も最低限していたようです。

 

ただ英単語が全く頭に入っていませんでした。

 

腑に落ちていない感じがしました。

 

 

 

日本語では「あ」「い」「う」の発音は1つで変化もしないのです。

 

それが英語では「a」には発音がいくつもある。

 

きっと先生は説明されたのだと思いますがそれがしみつくまで入っていない。

 

そこで以前中学校1年生を受け持った時にやっていたフォニックスをやることにしました。

 

 

 

使った教材は「Active Phonics テキスト」アマゾンでも買える500円しない薄いものです。

 

そのテキストに沿ったCDも2000円程度で手に入ります。

 

とても簡単ですぐ終わるクイズがたくさんあります。

 

理論の説明もあるのですが簡単なクイズを数こなしていくうちにルールがしみついてきます。

 

 

 

英単語は「単なる暗記」をしなければいけないと思いがちですが

 

ある程度「ルールがある」のです。

 

それを知っているだけでとても暗記が楽になります。

 

「あのルールだ」とわかることで楽しくなります。

 

 

 

【ローマ字からの脱却も必要】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校でローマ字を習うことについては賛否両論あります。

 

しかし街中看板を見てもローマ字だらけですから

 

これを避けては通れないことは事実です。

 

 

 

英文字の導入にもなっています。

 

ただ中学校で英語を学習はじめた時には

 

このローマ字と英語は別物だとたたき込まなければなりません。

 

 

 

「K」=「ケー」でも「カ」でもなく「クッ」であることを

 

体系的に学習し体にしみこませなければなりません。

 

それをまずは歌でもって教えてくれるのがフォニックスです。

 

 

 

松香洋子氏の著書「アメリカの子供が『英語を覚える』101の法則」は

 

文庫ですので手軽に手に入りますがとてもわかりやすく説明してくれます。

 

 

 

理論的な説明もためになりますが特定の子音について説明している部分もあり

 

途中からでも読むことができます。

 

この本の中にも簡単に取り入れられるドリルが満載です。

 

 

 

【中学校のどの段階でもぜひ手に取ってほしい教材】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくお母さんたちから英語の勉強のしかたについて相談を受けます。

 

少しLD(Leaning Disabilities:学習障害)がある子どもはなおさらです。

 

 

 

漢字など読む、書く、計算する、など

 

特定の学習につまづく子たちにとっては英文字の暗記も大変です。

 

 

 

LDの中学校2年生のお母さんから相談を受けました。

 

その時にこのフォニックスを紹介し、

 

持っていた3点を渡したところ早速テキストを購入したとのこと。

 

 

 

何より良かったのは後日「楽しくやっている」と話してくれたことです。

 

簡単なことをくりかえすことでしみついてくるので

 

絵やクイズを駆使したテキストが効果的だったようです。

 

 

 

また個人塾をやっている友だちから新中1生に

 

「英語のフォニックスだけでも授業してほしい」と頼まれようになりました。

 

 

 

中学校からはじめるのにこの「ルールがあるんだ」と知っているだけでも

 

ずっと気が楽になります。

 

世界とつながれる英語をせっかく勉強はじめるのですから

 

少しでも楽しく早く身につけてほしいと思います。

 

 

 

 

タグ : 

英語教材 フォニックス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る