フォニックス

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

英語の発音が自然に身に付くフォニックス。

読了までの目安時間:約 7分

 

フォニックスという言葉を知っている人は限られています。

 

これは通常の英語の音を単語の発音だけで理解する方法です。

 

実際に手に入る教材としてAGO エーゴフォニックスカードゲームがあります。

 

 

 

英語の発音記号を理解できる人は少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人でも初めて目にする単語は堂発音して良いか分からない場合があります。

 

辞書を見て発音記号を確認したり、電子辞書でのネイティブに発音させて

 

音を聞くなどして結果として紙の上で単語の周りにカタカナ書きで

 

読み仮名をふったりします。

 

 

 

辞書の発音記号を理解できる人ならまだ発音にたどり着けますが、

 

それも定かでない場合には間違った発音で覚えてしまう場合もあります。

 

単語の下にカタカナやひらがなで読み仮名をふる方法は

 

わからない漢字に出会った時に行うのと同じ行為です。

 

 

 

フォニックスの利点。

フォニックスを覚えていると基本的なアルファベットの発音を

 

身に付ける事で辞書の発音記号を確認する事なく

 

単語の発音ができるという仕組みです。

 

 

 

これを習得する事で大抵の単語を意味が分からなくても

 

発音する事が出来るようになります。

 

意味を調べるにはやはり辞書を使って調べる事が必要ですが、

 

本を読む上ではカタカナ英語にならずに自然に読みこなす事が出来るようになります。

 

すでに海外ではフォニックスの教育方法が取り入れられています。

 

 

 

なぜ日本語での読み仮名を付けない方が良いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく日本語から離れた方が英会話も上達します。

 

実際の英語を聞いてそれに読み仮名をふった時点で

 

最初に耳にした発音からずれてしまう事があります。

 

 

 

日本語の発音と違って英語の発音は微妙に耳にした時の音が違うからです。

 

しかし、それをカタカナ表記やひらがな表記で補う事は難しいのが現実です。

 

その意味でもフォニックスの果たす役割は大きいです。

 

 

 

この方法を実際に実施する上では英語を日本語に直して

 

さらに英語に換算するような習慣の無い幼児からのスタートが最も効果的と言われています。

 

英語はなるべく日常的に馴染む事が大切です。

 

でも毎日英語に触れさせるには色々苦労もありますね。

 

 

 

AGO エーゴ—フォニックスカードゲームの内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はフォニックスの音が三つの単語にわかれてカード化されている商品です。

 

出来れば幼児の内から英語に関わらせたいと考えているものの

 

幼児や子供は勉強というと飽きてしまいがちです。

 

 

 

このセットはそうした幼児から小学生むけのですが

 

ゲーム感覚で始める事が出来るセットとなっています。

 

毎日少しずつでも口から発音する事で自然と

 

フォニックスに馴染めるように工夫されています。

 

 

 

例えば中身にはどうやってこのカードを使ってゲームをするかなどの

 

ゲーム方法やルールなども明記されています。

 

トランプ形式で手元の手札が無くなった段階で勝者が決まります。

 

 

 

リーチがかかった段階でも”last card"とコールするルールがあり

 

楽しみながら英語を自然と口にするように出来ています。

 

ゲームは2-5人で楽しむ事が出来るのでお友達と一緒に遊び感覚でゲームが出来ます。

 

 

 

レベル1から3まで揃っていて最初は簡単なアルファベットから

 

知らない内にフォニックスの発音にふれレベル2では基礎的なフォニックスが出来る人向けに

 

カードゲームが出来るように工夫されています。

 

 

 

最後のレベル3では実践的な単語とやや日本人には難しいと

 

されている二重母音などもここで触れる事ができます。

 

どれもゲームを通して習熟度を上げていく

 

システムになっている為無理なくスタート出来ます。

 

 

 

中身に箱も付いているので外への持ち運びも便利と評判です。

 

またカードはかわいいイラスト入りでこどもが喜びそうだとの声も。

 

実際に英会話などの教室でも使われているものでもあります。

 

 

 

 

タグ :

英語教材 フォニックス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る