英会話教材,習慣

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

英会話教材 オススメの使い方 – 1日2回の習慣が効く

読了までの目安時間:約 6分

 

1日2回の習慣が効く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく購入した英会話教材、宝の持ち腐れとならないように、活用していきましょう。

 

どんな事柄も、大切なのは続けることです。

 

 

 

英語を話せる人が何故英語が話せるのか、話せるように努力をしたからです。

 

どれくらい努力をして来たのかと言うと、話せるまでです。

 

途中で嫌だと思ってやめていたら、話せてはいないでしょう。

 

 

 

どんな事柄も、成功者は共通して言います。

 

続けることだと。

 

英会話もそれを同じです。

 

まずは続ける、これが肝心です。

 

 

 

しかし、その続ける。といったことが難しくなってしまい、

 

結局、せっかく購入した英会話教材が箪笥の奥底に眠ってしまうことも良くある話です。

 

続けること、と言うと、非常に難しいと感じてしまいます。

 

 

 

しかし、私達は生きていたからこそ、続けてきたことが沢山あります。

 

日常生活でも、顔を洗う、歯を磨く、お風呂に入る。といった動作です。

 

これらは特別続けようと思って続いてきた習慣と言うことはありません。

 

 

 

まずはほんの少しだけ頑張る。をやってみましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の学習も同じです。

 

あまり息巻いて絶対に1日1時間頑張って勉強しようと張り切り過ぎると挫折の原因になりますから、

 

まずはほんの少しだけ頑張る。をやってみましょう。

 

 

 

朝夕の歯を磨く時、朝夕の食事前の5分間、

 

寝起きや寝る前の5分間といった最初は比較的短い時間を使ってみましょう。

 

あまり長い時間を勉強に費やそうとすると嫌気が指して続きません。

 

まずは短い時間で勉強することに慣れるのです。

 

 

 

人は習慣化させることで、それをやらなければなんだかすっきりしなくなる生き物です。

 

例え英語が上達していなくても、勉強することが習慣として身に着いてきたら、

 

積極的に単語を覚えるなどの勉強を行うようにしましょう。

 

 

 

まず、習慣にするのに人は2週間で習慣化されると言われています。

 

後は自然とやらなければ、なんとなく不快感を感じてしまうでしょう。

 

また、楽しみながらやらなければ、途中で飽きてしまいます。

 

 

 

「楽しんでやる」ことが大事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一流選手や成功者達も言う通り、「楽しんでやる」ことです。

 

これこそが、継続していく上で重大な役割を担っている心理状態と言えるでしょう。

 

しかし、英語の勉強が楽しいと思えない。

 

やっぱりつまらないから、といった理由で挫折しがちです。

 

 

 

楽しいと思える心理にするのには様々な方法があります。

 

例えば、ご褒美作戦です。

 

これをやったらケーキを食べるといった方法です。

 

 

 

また、英語を学習したいと考えているという事は、

 

英語で会話をしたい、英語で話している事柄を理解出来るようになりたい、

 

といった心理状態にあるからでしょう。

 

 

 

勉強を進めると同時に英語を話せる方と会話をしてみて、

 

自分の上達ぶりを図ってみたり、英語の本やスピーチを聞いて、

 

内容をどれくらい理解できているのかを試してみましょう。

 

 

 

学習が進むにつれて、理解度が上がってくると、勉強が楽しくなってきます。

 

これも一種のご褒美作戦です。

 

頑張った分だけ成果が出ていると、思えることによって楽しいと思うことが出来て

 

勉強を進めていく上で有利に働いてくれる心理になります。

 

 

 

 

タグ : 

英会話教材   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る