リスニング,できない

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

リスニングできない理由って?

読了までの目安時間:約 6分

 

リスニングできない理由って?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語を学習する際には、読む・書く・話す・聞くといった4要素を

 

バランスよく勉強していく必要があります。

 

人によって得意不得意はあるものですが、

 

特に聞く能力に不安がある人は多いです。

 

 

 

いわゆるリスニングの能力がなかなか上達しない、

 

あるいは勉強しているけど苦手という人は、

 

最初になぜリスニングが出来ないかを

 

把握することから始める必要があるでしょう。

 

 

 

まずは、他の勉強に比べて

 

比重が少なくなりがちということが挙げられます。

 

 

 

たとえば、学生の頃の英語の勉強といえば、

 

文棒や単語を覚えるため英語ノートにひたすら書くことや、

 

文章の暗記のために教科書を読み込むなどの勉強は行っても、

 

ネイティブの英語を聞く機会というのは少ない傾向にあります。

 

 

 

つまり、英語を聞くという作業自体の時間が絶対的に少ないので、

 

他の能力に対してリスニングの能力がなかなか上達しないといえます。

 

 

 

最近では、聞き流すだけで英語が身に付く教材や、

 

教育機関でも英会話でのコミュニケーションを

 

増やすところが増えてきているなど、徐々に英語を聞く機会が

 

増えてきているので、積極的に活用していきましょう。

 

 

 

英文や単語の意味がわからないまま英語を聞いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、英文や単語の意味がわからないまま

 

英語を聞いているからという理由が挙げられます。

 

前述した聞き流すだけで英語が身に付く教材というのを例にとると、

 

今聞いている英語がどのような状況での会話なのかや、

 

 

 

一つ一つの単語の意味や発音などが分からないままひたすら聞いていても、

 

それは念仏のように耳から耳へ通りすぎていくだけなのて、

 

いつまでもリスニングの能力を上げることができないままになってしまいます。

 

 

 

確かにネイティブの英会話を聞くことは非常に重要ですが、

 

より効率的に勉強するためには、聞く前に必ず

 

どのような会話なのかを簡単に把握するようにしましょう。

 

 

 

意味が分かった状態であれば、たとえ半ば聞き流している状態であっても、

 

どのような状況でどのような会話をしているかが把握できているので、

 

英語を聞く能力も自然と身に付くでしょう。

 

 

 

英語特有の発音方法を理解していない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、英語特有の発音方法を理解していないことが挙げられます。

 

たとえば「L」と「R」の発音の違いや、

 

「TH」の発音などは日本人が苦戦する代表であり、

 

それはリスニングにおいても苦戦することになります。

 

 

 

また、「certainly」と「suddenly」は、現地の人でも聞き分けが難しく、

 

いわゆる日本における同音異義語のようなものは、

 

何度聞いたところで聞き分けられないでしょう。

 

 

 

これらに遭遇した場合には、

 

文脈や会話の流れなどから理解できるようにすることが必要なので、

 

そういった意味でも、英語を聞く前には会話の状況や

 

意味などを把握しておくことが大切だと言えます。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 リスニング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る