英語新聞,英語学習

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

英字新聞で英語学習ってできるものなの?

読了までの目安時間:約 8分

 

英字新聞で英語学習ってできるものなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、英語の勉強を始めて、30年近くになります。

 

取得資格は、英検1級とTOEIC990点です。

 

現在、外資系に勤務しており、英語を日常的に使います。

 

いまだに英語では苦労しており、死ぬまでこの苦労は続くと思います。

 

 

 

30年近く英語を勉強しても、私は英語の10%も理解していないと思います。

 

ただ、私の経験では、英語学習の教材は、

 

英字新聞が一番だと思います。理由は、以下の3点です。

 

 

 

1.値段が安い。

 

 

2.1記事がそれほど長くなく、隙間時間で勉強できる。

 

 

3.英語を母国語とする方向けに書かれており、

 

日本について英語を母国語とする方の考えを知ることができる。

 

 

4.面白い記事も多々あり、英語の勉強をしていることを忘れることすらある。

 

 

 

1.値段が安い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の理由は、値段が安いことです。

 

英語の学ぶ時の問題となるのが、費用と時間だと思います。

 

留学するとなると100万円を超えることも珍しくありません。

 

英字新聞であれば、手軽に安く手に入れることができます。

 

 

 

例えばJapan Timesであれば、現在税込で210円です。

 

210円でこれほど英語が学べる教材もないと思います。

 

図書館では、無料で英字新聞が読めると思います。

 

 

 

内容が充実しており、安くてためになる英語教材は、

 

米軍によるラジオ放送と英字新聞だと思います。

 

ただ、英語を学ぶためには、お金をかけないと無理という意見もあり、

 

教材が安いというのが弱点になる可能性もあります。

 

買った英字新聞を「どうせ210円だし」と読まないまま捨ててしまったこともあります。

 

 

 

2.ちょっとした隙間時間で勉強できる

次の理由は、1記事がそれほど長くないため、

 

ちょっとした隙間時間で勉強できることです。

 

記事によっては、1紙面全体を占めるものもあります。

 

 

 

ただ、洋書にくらべるとはるかに短いため、

 

通勤・通学時間等の隙間時間で読むことができます。

 

英字新聞に慣れてくると、短い記事であれば、1分以内で読むことができます。

 

気軽に勉強できるというのも英字新聞の利点だと思います。

 

 

 

3.英字新聞は基本的に英語を母国語とする方向けに書かれている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの理由は、英字新聞は基本的に英語を母国語とする

 

方向けに書かれています。英字新聞を読むことによって、

 

英語を母国語とする方の考え方を知ることができます。

 

 

 

日本についての厳しい批判もあり、非常に勉強になります。

 

Japan Timesは、現在New York Timesと提携しており、

 

New York Timesの記事も読むことができます。

 

 

 

アメリカの大統領選挙では、ヒラリー・クリントンを

 

新聞で堂々と支援しているのには大変驚きました。

 

中立を保つ日本の新聞からは考えられないことです。

 

 

 

日本の新聞からだけでは知ることができない情報もあり、

 

大変勉強になります。英字新聞を読むと少し視野が広くなると思います。

 

 

 

最後に英字新聞は、面白い記事も多く、

 

楽しみながら英語を勉強できるということだと思います。

 

新聞は、幅広い記事を取り扱っているため、

 

必ず自分が興味あるトピックを見つけることができます。

 

 

 

私の場合は、スポーツが好きなので、スポーツ欄を細かく読んでいます。

 

スポーツ欄を読んでいると、英語の勉強であることを忘れることさえあります。

 

日本の記事を英字新聞で読むことも好きです。

 

 

 

わからない単語があっても、日本の記事なので、

 

大体の予想がつきます。英字新聞特有の見方もあるので、非常に勉強なります。

 

 

 

4.面白い記事も多々あり、英語の勉強をしていることを忘れることすらある。

以上の理由から、英字新聞が一番の教材であると思います。

 

英字新聞以外では、駐日米軍向けのラジオ放送(810AM)もお勧めです。

 

1時間ごとに2分くらいABC(アメリカの有名放送局)によるニュースがあり、

 

米国で何が報道されているのかを知ることができます。

 

 

 

私は、ドライブ中は、駐日米軍向けのラジオ放送(810AM)を聞いて、

 

英語の勉強をしています。英語の勉強で大事なのは続けることです。

 

楽しくないと続きません。私はこれからも英字新聞を購入し、

 

死ぬまで英語の勉強をしたいと思います。

 

 

 

 

タグ : 

英語教材 英字新聞   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る