英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

最近の投稿

iPadで使える英語教材とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

英語学習には一定の時間がかかります。

 

そのため、仕事や家事に追われる日々を過ごしていると、

 

学習意欲はあっても十分な時間が確保できない、というケースが考えられます。

 

 

 

そんなときには、外出先のスキマ時間を有効活用してみましょう。

 

外出先で英語学習を進めるとなると、教材を持ち歩く必要があります。

 

参考書や辞書をわざわざ持ち歩くのは面倒ですし、荷物も重くなってしまいますね。

 

 

 

こうしたデメリットを解消するためには、

 

タブレット端末iPadで使える英語教材を活用すると良いでしょう。

 

iPadであれば普段から手軽に持ち歩くことができますよ。

 

 

iPadで使える英語教材についてチェックしていきます。

 

iPadで英語学習をしたい際には、アプリを有効活用しましょう。

 

まず便利なのが、「英単語アプリmikan」です。

 

このアプリでは、1万5千を超える英単語の暗記を進めることができます。

 

 

 

大学受験英語はもちろん、

 

TOEICやTOEFLといった資格試験に出題されやすい英語も収録されています。

 

iPad上でアプリを起動するだけで、

 

通勤・通学の途中でもスキマ時間を有効活用して英語学習ができるのです。

 

 

 

mikanでは単語の音声データも聞くことができます。

 

単語を覚える際には目で見るだけではなく、

 

耳からも情報をインプットすると、学習効率が上がります。

 

イヤホンを活用するなどすれば、電車の中などでも音声を聞くことができますよ。

 

手軽に語彙力を強化したい、という人はぜひ利用してみてくださいね。

 

mikanのほかには、TEDアプリが英語学習に役立ちます。

 

 

mikanが単語学習に役立つのに対して、TEDは英語講演の音声を聞くことで、

 

リスニングの訓練をすることができます。

 

リスニングと言われても、なかなか聞き取れなくてつまらない、

 

という方もTEDアプリなら安心です。

 

 

 

ほとんどの講演が日本語訳されており、日本語字幕が表示されるのです。

 

日本語の字幕を見れば講演の内容がわかりますから、

 

英語の聞き取りにくい部分を類推することもできますね。

 

講演の内容は多種多様です。

 

 

 

そのため、自分が興味の持てる分野について知識を深めつつ、

 

英語に耳を慣らすことができますよ。

 

実際の講演会で使われている英語が聞けるので、本物の英語に触れたい、

 

と考えている方はTEDアプリを利用してみましょう。

 

 

 

ここで紹介した2つのアプリはいずれも無料で入手できます。

 

 

もちろんiPadの購入代金は必要ですし、通信料もかかります。

 

ただ、これらは英語学習だけでなく、

 

メールやネット検索といったほかの目的にも使えますよね。

 

 

 

実質的に英語学習のためにかかる追加費用はゼロで済みますから、

 

ぜひiPadでの英語学習にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



 

タグ : 

英語学習法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る