英会話,リーディング

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

習得するうえで最低限必要なリーディングスキル

読了までの目安時間:約 6分

 

習得するうえで最低限必要なリーディングスキル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このグローバル社会の中で、英語は、数学や国語と並び、

 

日本の教育の中で必須科目として扱われています。

 

中でも、英会話は、異文化交流を深める為の

 

必要不可欠なスキルとなっています。

 

 

 

幼児の頃から習得させようとする親も多く、

 

幼児専門の英会話教室も増えています。

 

元々、日本の英語教育は、文法中心の教育から始まりました。

 

 

 

ですから、英語を専攻している大学生であっても、

 

英会話は不得意な人がほとんどでした。

 

文法をどんなに勉強しても、

 

それは英語をマスターしたことにはなりません。

 

 

 

リスニングやスピーキングを学ぶ方が遥かに、

 

英語力が付き、英会話もこなせるようになります。

 

教室に通う人は、外国人とのコミニュケーションは勿論の事、

 

仕事の為に学ぶ人も多いです。

 

 

 

英会話イコール英語が話せるようになると思いがちですが、

 

それは、少し甘い考えかもしれません。

 

簡単な日常会話は出来ても、仕事に活かせるかどうかは、

 

英語の読解力によって変わってきます。

 

 

 

国語を学ぶ上で、文章を読み解くのは、とても重要になってきます。

 

それと同じように英語も、リーディングは、

 

リスニングやスピーキング以上に重要なスキルです。

 

 

 

英語を上手に学ぶ方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語を上手に学ぶ方法として、短い文章を訳していく勉強方法があります。

 

短い小説等を翻訳していくことで、

 

単語の意味や、文章を読み解く力が身に付きます。

 

 

 

短いものなら、諦めずに訳していく事も出来るでしょうし、

 

自然と文法も分かる様になってきます。

 

英語力のない人は、読み解く力がない人で、

 

つまりリーディングが苦手な人だと言えます。

 

 

 

ある程度の会話力が付いても、得た情報を英語で話すのは大変です。

 

まず目でしっかり読んで、意味を理解したうえで会話にする力が必要となってきます。

 

英語の嫌いな人は、日本に住んでいる限り、英語なんて必要ないと言います。

 

 

 

けれど、普通の日常生活の中でも、英語はあちこちから耳に入ってきますし、

 

とても身近なものになっています。

 

これからの時代は、もっとグローバル化が進み、

 

英会話も就職には大きなメリットとなる筈です。

 

 

 

グローバル化が進み、リーディングの必要性は高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、リーディングの必要性は高く、

 

読むことによって、多くの単語や文章に触れる事が出来ます。

 

読み解いていくうちに、英語の表現が頭に残り、英語力となっていきます。

 

 

 

人は、どうしても近道を選びがちになります。

 

けれど、何でも段階を踏まないと、上には上がれません。

 

リーディングが遠回りだと感じても、

 

地道にコツコツ勉強すれば、結果は付いてきます。

 

 

 

案外、海外の童話等を翻訳すると、面白くて引き込まれてしまいます。

 

辞書を引くことによって、多くの単語にも触れることができますし、

 

一石二鳥の勉強方法ではないでしょうか。

 

 

 

習得することによって、日常会話のリスニングやスピーキングは、

 

何とかこなせるでしょう。しかし、仕事に活かしていく専門的な会話は、

 

やはりある程度の読解力がなければ成り立ちません。

 

日本語でも英語でも、文章の成り立ちを知ることは、とても大切です。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 リーディング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る