英会話学習,継続

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

諦める?継続こそ英会話学習で一番大事

読了までの目安時間:約 7分

 

継続こそ英会話学習で一番大事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話学習において一番大事なことは、
継続といっても過言ではありません。
私たちが日本語をスムーズに話せているのも、
生まれたときから継続して話しているからに他なりません。

 

 

 

それほど1つの言語を完璧に習得するというのは難しいものと言えます。
1日10時間勉強したとしても、それが3日しか続かなかったのであれば
結果として話せるようになるのは難しいでしょう。

 

 

 

それよりも、1日30分、もしくは15分だけだったとしても
継続して1年間学習した場合のほうがはるかに上達しているはずです。
よって、英会話学習は長距離走と同じく、長い時間をかけて学ぶものだと
あらかじめ考えていた方がゆったりとした心構えでいられるし、挫折も少ないといえます。

 

 

 

継続するためのポイントとはどのようなものがあるでしょうか?

1.完璧主義にならないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話学習において完璧主義にならないことはとても大切です。
例えば、1ヵ月後にテストがあるなど差し迫った状況であれば
集中して詰め込んで勉強したほうが効果が出る場合もあるでしょう。

 

 

 

しかし英会話を上達させるという目的においては、
最初からあれもこれも全て完璧にやろうとすると
簡単に行き詰まりやすくなってしまいます。

 

 

 

毎日何かしらの用事や仕事があったり、
体調や気分が優れない日もあるなど、
忙しい現代人はどうしても日々決めたことを
完璧にこなすのは難しいこともあります。

 

 

 

短期間であればまだしも、この先何年も
完璧に英語学習をこなせないことがあるのは自然なことです。

 

 

 

完璧主義すぎると、1日でも学習しなかった日があると
一気にやる気がなくなってしまうなんてことになりかねません。
うまくいかない日もある、そんな日があっても
細く長く続けていこうという心構えでスタートするほうがよいでしょう。

 

 

 

2.惰性でやる日があってもよい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても学習をする意欲がわかない日もあるでしょう。
そんなときは無理をしすぎず、できることだけやるというの1つの方法です。

 

 

 

例えば、どうしてもやるべき内容が全てこなせなかったとしても、
せめてリスニングの音声だけは流しっぱなしにするなど、
少しでも英語に触れている状況を作るなど工夫をしましょう。

 

 

 

例えほとんど頭に入っていなかったとしても、
少しでも英語に触れることでとりあえず学習している状況を
保っておくことで翌日も学習が途切れにくくなります。

 

 

 

要するに、何とか継続できている状態にすることで
一気にやる気がなくならないようにすることは大切です。
それでもどうしてもやりたくない日、
モチベーションが上がらない日は出てくるでしょう。

 

 

 

そんなときのことを考えて、あらかじめ休みの日も決めておくのも1つの手です。
このようにときには惰性の日もあり、またときには休みながら、
少しずつでも続けることを考えて取り組むようにするとよいでしょう。

 

 

 

3.習慣化できるまで続けてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最も継続しやすくするためには、英会話学習が習慣化されていることと言えます。
歯を磨いたり顔を洗ったりするのと同じように、
生活の一部になっていればそれだけ自然に身に付きやすくなります。
そのためにも、少しでも習慣化しやすくなるように心がけることが大切です。

 

 

 

上述の通りCDを流しっぱなしなど、
少しだけでも何かやるということを日々続けるようにしましょう。
ある程度続けられると、その分確実に力が付いていくでしょう。
このように、少しずつでも着実に続けることが英会話の上達につながっていきます。

 

 

 

初めのうちはなかなか成果に気づきにくいですが、
そんなときこそ焦らず気長に、
時間がかかるものだと思って続けるように心がけましょう。

 

 

 

ある程度の時間が経てば、その成果に気がつくときが必ず来るでしょう。
焦らず楽しく続けていきましょう。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 学習のポイント   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る