リスニング,時間

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

リスニングの時間ってどれくらいがいい?

読了までの目安時間:約 5分

 

リスニングの時間ってどれくらいがいい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学習方法や目的にもよりますが、

 

リスニングは語学力を上げるために重要視される項目のひとつです。

 

効果的な学習方法としては、ひとつの音源を集中して聞き取り、

 

答え合わせを行う方法があります。

 

 

 

この方法の場合聞き取りを行うのは一回だけではなく、

 

きちんと聞き取れるようになるまで何回も繰り返します。

 

集中して何度も繰り返すことにより耳が単語をスムーズに聞き取れるようになり、

 

また、単語の意味を即座に文章として理解することができるようになります。

 

 

 

もうひとつの方法としてはとにかく英語に慣れるため、

 

通勤やお風呂タイムなど、ちょっとした空き時間に

 

英語の聞き取りを行うというものがあります。

 

 

 

意味が理解できなくても聞き流しているうちに、

 

少しずつ耳が単語に慣れ始め、自然と頭に入ってくるようになります。

 

こちらの方法の場合、聞く時間は毎日7時間程度は英語を聞くことで効果を発揮します。

 

 

 

リスニングの時間は目的によって異なる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく長く英語に接することにより、英語に対する抵抗感も薄れ、

 

流しながら文章を理解できるようになるでしょう。

 

いずれの方法であっても、リスニングには多くの時間が必要となります。

 

 

 

特に、多くの単語を耳に入れることにより英語への理解を深める方法の場合、

 

できるだけ長い間英語と接していることが成功への鍵となるでしょう。

 

どれぐらい聞き取りができるようになればいいのかは、

 

目的によっても異なるものです。

 

 

 

たとえば海外旅行のため、原文での映画鑑賞や観劇のために

 

少しの会話ができればいいと思うのならばリスニング時間は減りますし、

 

テストやTOEICのためならば自分の実力とすり合わせを行いながら、

 

もう少し長く英語を接する必要があります。

 

 

 

英語に接するほどに単語が聞き取りやすくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的にリスニングは長ければ長いほど良いとされますが、

 

これは英語に接するほどに単語が聞き取りやすくなるためです。

 

幼少時から日本語に囲まれて育てば、

 

自然に日本語が聞き取れるようになります。

 

 

 

同様に、英語や他の言語に囲まれて育った場合には、

 

苦労をせずにその言語が聞き取れるようになります。

 

意識せずに言語に接することにより、

 

単語の意味や文章の理解もごく自然に行えるようになるのです。

 

 

 

大人になってから、あらためてリスニングをしようと思った場合には、

 

意識して英語に接することが大切です。両親や家族の会話、

 

あるいはテレビの音によって、当たり前のように英語に囲まれた子供と

 

似た環境を作ることで、いつの間にか自然に聞き取りが行えるようになるでしょう。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 リスニング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る