英会話教材,見分け方

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

よい英会話教材の見分け方

読了までの目安時間:約 6分

 

よい英会話教材の見分け方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話教材は書店で販売されている商品、通信販売の商品を含め非常に種類が多く、

 

「何を基準に選べばいいか分からない」という声が多いようです。

 

英会話教材を見分ける場合、学習を始める人の元々のレベルは十人十色。

 

まずは自分のレベルに合った教材を探すことが大前提です。

 

 

 

中学、高校時代の英語学習がほとんど身についていない人は初級レベル、

 

簡単な英単語や英文法が身についている人は中級レベルといえそうです。

 

まずは自分の英会話のレベルを把握してから教材選びをスタートさせましょう。

 

 

 

感覚的には「少し簡単かな」と思える程度の教材がベスト。

 

自分のレベルで「少し難しい」と感じる教材は挫折することが多いようです。

 

 

 

目的をはっきりさせた方が教材を選びやすい

またビジネスで英会話を使うのか、日常会話で使うのかなど、

 

目的をはっきりさせた方が教材を選びやすいです。

 

教材の見分け方で大切なのが、継続できる教材であること。

 

 

 

どんなに優れた教材を手に入れても、

 

英会話は地道に勉強を続けなければ上達することはできません。

 

日々の学習を支えてくれる教材はまず、内容が面白く、

 

学習することに魅力を感じる内容であることが重要です。

 

 

 

自分が学習する環境をイメージし、それに合う教材を選ぶ

また、自分が学習する環境をイメージし、それに合う教材を選ぶことも大事な要素。

 

通勤・通学時間が長く、その間に勉強しようという人は、

 

移動中にリスニングできるようにCDなどが付属した教材が最適です。

 

最近はDVD付きの教材もありますが、DVDは自宅学習の時間がある程度確保できる人に向いています。

 

 

 

英会話教材の中には「聞き流すだけ」というタイプがあります。

 

とにかく浴びるように聞き続ける学習方法で、上手に活用すれば効果的な教材といえそうです。

 

しかし、中には「リスニングはある程度上達したが、話せるようにならない」との声もあり、

 

必ずしも内容を理解できるようになったり、自分で話せるようになるとは限らないようです。

 

 

 

それぞれの能力を伸ばせるような教材であることが重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の話している内容を理解し、自分が伝えたいことを英語で表現するためには、

 

リスニングばかりでなく、リーディングやスピーキングの能力も大切です。

 

そうした総合的な英会話能力を養うには、

 

それぞれの能力を伸ばせるような教材であることが重要です。

 

 

 

話している内容を理解できるようになるためには、単語や熟語の意味を理解し、

 

英語特有の言い回しに慣れる必要があります。そのためにも英文だけでなく、

 

和訳がきちんと付いているものを選びましょう。

 

また、DVDも日本語の文章が表示されるものが良いようです。

 

 

 

また、正しい発音を身に着けるために、CD、DVDはネイティブの人が話しているものを選びましょう。

 

英文にカタカナで読み方のルビがふられている教材もありますが、

 

カタカナ読みはネイティブの発音とは明らかに違うケースも多く、

 

一度カタカナ英語を覚えてしまうと後々苦労することにもなりますので、カタカナのルビは不要です。

 

 

 

自分のレベルを知り、目的に沿った教材を選ぶ。

 

また、長く継続できる楽しい教材を選ぶことがポイントです。

 

できればサンプルを取り寄せて、納得できる教材を選びましょう。

 

 

 

 

タグ : 

英会話教材   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る