英会話,リーディング

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

楽しく英会話する為に必要なリーディングの基礎力

読了までの目安時間:約 6分

 

楽しく英会話する為に必要なリーディングの基礎力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語におけるリーディングとはその言葉の通り、英語を読む力です。

 

しかし、英会話は文章を読んで行うものではないので、

 

リーディングスキルの必要性が感じられないという方もおられるかもしれません。

 

 

 

確かに読む英語と聞く英語には明確な差があり、

 

後者が重視される英会話においては

 

リーディングスキルの重要性が見えにくいことも事実です。

 

 

 

ところが、英語は日本語に比べると書き言葉と話し言葉の差が少ないので、

 

リーディングを鍛えることが根本的な英語の理解へと繋がります。

 

英語を読むときには分からない単語が出てくることがあります。

 

 

 

全ての単語を把握している方はネイティヴにもほぼいないので当然といえば当然です。

 

その時に考えなければならないのはその単語が文にとって不可欠な物か、

 

そうでないかということです。

 

 

 

意味が分からなくても、その言葉が修飾語であれば

 

気にせず読み飛ばすことが出来ます。

 

一方で主語や述語であれば、読み飛ばすと内容が分からなくなります。

 

 

 

文の構造を理解していれば

 

目の前の単語の品詞や役割を判別することが出来ます。

 

 

 

一語一語にこだわれるところがリーディングの大切なポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように一語一語にこだわれるところがリーディングの大切なポイントと言えます。

 

修飾語は時間や場所、特徴などを表す語であり、

 

省いても英文の理解に大きな影響を与えません。

 

主語や述語に使われている単語が分からない時は読み飛ばしてはいけません。

 

 

 

前後の内容から推測する必要があります。

 

ここで大切なのは単語の意味を推測したら、

 

それを仮の意味として書き留めておくことです。

 

 

 

この推測による意味はあくまで仮なので、

 

後々読み進めていくうちに訂正が必要となる可能性があります。

 

たまに自分の推測した意味をさも確定しているかのように扱っている方もいますが、

 

その読み方では推測が外れた時に大変なことになります。

 

 

 

そのため、自分の推測した意味は仮として、

 

いつでも訂正出来る状態にしておきましょう。

 

語句の上に推測した意味を書き込み、

 

カッコ付けなどをしておくと読み返した時に分かりやすくなります。

 

 

 

分からない単語に出会った時には

 

すぐに辞書を引くという勉強法もありますが、

 

その勉強法は語彙を増やすという点では一定の効果があります。

 

 

 

わからない単語は長文を読み終えた後で辞書を引く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、長文を読み解くための力を付けたいなら

 

解き終わるまでは辞書を引かないことをお勧めします。

 

単語の意味を推測し、違和感が生まれたら

 

その推測内容を修正するという考え方は英会話において非常に重要です。

 

 

 

例えば会話をしていて分からない単語があっても、

 

相手はすぐに話を止めるわけではありません。

 

こちらが理解していないことに気づいて初めて話をストップします。

 

 

 

それゆえ、一瞬では分からなかった単語も

 

相手の発言の前後から推測することが可能です。

 

 

 

もちろん、分からない単語があれば即座に質問をして

 

解決しておくことも大切ですが、相手の言いたいことから

 

意味を察知することも大切な能力です。

 

それは相手に気持ち良く話してもらうことに繋がります。

 

 

 

 

タグ : 

英語学習法 リーディング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る