ヒアリングマラソン

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

1000時間ヒアリングマラソンで英語のリスニング力を向上!

読了までの目安時間:約 7分

 

1000時間ヒアリングマラソンで英語のリスニング力を向上!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語のリスニング力を向上させたいけど、
何をしたらいいかわからないとお悩みの方はたくさんいると思います。
ここで紹介するのは、そんな方にピッタリの教材、
アルクの「1000時間ヒアリングマラソン」です。

 

 

 

本当にこれをやればリスニングできるようになるの?と思っている方、
大丈夫です。著者はこの教材で飛躍的にリスニング力が伸び、
今は海外ドラマ・映画は字幕無しで楽しんでいます。

 

 

 

☆1000時間ヒアリングマラソンはどんな教材?☆

1000時間ヒアリングマラソンは、
1年のコースとなっています。
毎月テキストが郵送で送られてきます。

 

 

 

テキストは二種類はり、ヒアリングマラソンオリジナルのテキストが1冊と、
English Journalという書店でも売られている英語学習者のための月刊誌が1冊です。
その二冊を、1か月かけて勉強していくことになります。

 

 

 

☆ヒアリングマラソンオリジナルテキストはどんな内容?☆

オリジナルテキストは、初級者から上級者までが
学習できるように幅広いジャンルを取り扱っています。

 

 

 

発音の練習、日常会話のリスニング、ネイティブスピーカーや、
ネイティブではないけれど英語が流暢な外国人たちの
様々なトピックについての会話、ニュース、ラジオドラマ、
映画のワンシーンのリスニングなど、本当に多彩な内容です。

 

 

 

ラジオドラマや映画のワンシーンのリスニングは上級者向けですが、
初級者でも英語に慣れるという意味ではどんどん聞いてください。

 

 

 

★English Journalはどんな内容?★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月刊誌のEnglish Journalは、あらゆる英語に関する記事が盛沢山です。
英語勉強のヒントなど、毎月違う切り口で、
英語学習者に有益なアドバイスをする特集を組んでいます。

 

 

 

そしてEnglish Journalも、もちろんリスニングに適しています。
海外のセレブリティや著名人のインタビューが3人分リスニングできます。
ネイティブスピーカーだけでなく、色々な国の人のインタビューも
時にはありますので、世界のあらゆる国の英語のアクセントをリスニングできます。

 

 

 

★ 1日どのくらいリスニングすればいいの?★

1000時間を1年ということは、
1日3時間リスニングしなければいけないということです。
こう聞くと、1日3時間なんて無理!と思う方がたくさんいると思います。

 

 

 

隙間時間を最大限利用しましょう!私は通勤中はもちろん、
昼休みや、家事の合間、常にリスニングすることを心がけていました。

 

 

 

1000時間ヒアリングマラソンはリスニング教材です。
とにかく空いた時間があったら必ずリスニングを心がけましょう。

 

 

 

絶対に1日3時間!と肩ひじはらなくても大丈夫です。
今日は2時間しか聞けなかったけど、明日は3時間聞けるように頑張ろう、
と気持ちに余裕を持って取り組んでください。
1年は長いです。途中挫折しないためにも、気持ちの余裕がとても大切です。

 

 

 

★1000時間ヒアリングマラソンの効果★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が1000時間ヒアリングマラソンを始めた当初は、リスニングは、
英語のテキストのような、はっきりゆっくり喋ってくれる物は聞けるけど、
ドラマや映画は全く聞き取れない、という感じでした。

 

 

 

1年間必死に1000時間ヒアリングマラソンを続けて、
終了するころには、ドラマや映画は、英語字幕付きであれば
内容はほとんど理解できるくらいのレベルになりました。

 

 

 

終了したあとも、リスニングを続けていますので、
今は字幕無しでも理解できるレベルにまでなりました。
ここまでのレベルになれたのは、
本当に1000時間ヒアリングマラソンのおかげだと思います。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?みなさんも是非、
1000時間ヒアリングマラソンに挑戦して、
リスニングを向上させてみませんか?
きっと世界が変わります!

 

 

 

 

タグ :

英語教材 ヒアリングマラソン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る