1から出直し英会話BOOK

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

1から出直し英会話BOOKの特徴は?

読了までの目安時間:約 7分

 

1から出直し英会話BOOKの特徴

 

タイトル通り、1からやり直したい!という人向けの一冊です。

 

基本の会話表現、覚えて便利な英会話フレーズ、場面別英会話という括りに沿って、

 

CDを使ったり、書き込みによって学習することができます。

 

 

 

会話入門の決定版であるとうたっていますが、情報量が豊富なので、

 

1からやり直しとは言っても、もともと英語には興味があり、

 

覚えることを苦に思わない学習者向けの本だと思われます。

 

お得なCD付き。このテキストを使った一人での学習も十分に可能です。

 

 

 

1から出直し英会話BOOKの良い点・よくない点

 

1レッスンあたり2ページで完結している取り組みやすさ、

 

CDが付属されていること、文字が大きめなので親しみやすいことなどが良い点です。

 

 

 

入門的な本とは言え、その情報量の多さも売りと言えると思いますが、

 

使って指導してみたうえで思ったのは、

 

英語が苦手な方にはその情報量の多さが逆に負担になる場合もあるかな、ということです。

 

 

 

いろんな表現をたくさん覚えたい!という方にはもってこいです。

 

また、会話練習とは言え、覚えるには書くことも有効だというのが私の持論です。

 

そういう点でも、この書き込み式ブックは良いと思います。

 

 

 

問題の答えが、みやすいところに書いてあるのも、私はあまり好きじゃなかったかな。

 

生徒さんが、答えられないと、

 

解答をちらちらっと見て答えてたの、私は知っていますから^^;

 

 

 

まあ、その答えをすぐにそうやってチェックしやすいっていうのは、

 

利点とも考えられるのですがね。

 

 

 

あとはそうですね、100%英語での英会話レッスンを行いたいクラスの場合には、

 

ちょっと使いづらいかもしれませんね。

 

当然、日本製の、日本人向けの、入門的なテキストですから、

 

日本語での説明がいっぱいあります。

 

 

 

まあそこも、生徒さんは日本語での説明文も読みながら、

 

耳では教師&CDの英語をしっかり聴き、

 

レッスンを進めていくという方法が可能だと思います。

 

 

 

本書をどう活用するかは、学習者のやる気次第、

 

レッスンで使うなら教師のアイディア次第でもあります。

 

 

 

1から出直し英会話BOOKを使って上達するための熱血アドバイス

 

 

1.まずはとにかく、CDを最大限に活用しましょう。

 

 

CDの後に続いて言ってみたり、同時に言ってみたり。

 

根気よく繰り返すことが大事です。通勤の車の中でCDをかけて練習したり、

 

時間を有効に使ってたっぷり練習しましょう。

 

バスタイムの練習もおすすめです。継続は力なり。こつこつと頑張りましょう。

 

 

 

2.書き込み式ブックとは言っても、書き込むスペースは限られています。

 

 

書き込み欄を埋めるだけでは、十分に勉強したとは言えません。

 

ノートを用意して、本を見ずにすらすらと書けるようになるまで、

 

発音しながら何度も書いてみましょう。

 

地道な努力が、華やかなスキルへとつながっています。

 

 

 

3.1対1の会話表現が、1レッスンごとに収録されていますので、

 

 

それを使ったロールプレイ練習が有効です。

 

会話は、単語や表現などを覚えるだけではなく、

 

覚えたことを使ってみる練習をすることがとても大事です。

 

一人だけで練習せず、お友達、ご家族、先生などと一緒に練習することを強くおすすめします。

 

 

 

4.十分に練習したら、実践です。

 

 

ネイティブスピーカーのお友達を作り、積極的に英語を使いましょう。

 

実践を欠いては、勉強する意味がないと言っても過言ではありません。

 

 

 

東京オリンピックだって開催されます。

 

努力して覚えた英語を積極的に使う場をみつけてご活躍ください。

 

 

 

それも可能な英語力を養うための土台形成も可能な本です。

 

ただし、有効活用すればです。

 

有効活用するためには、この項目をよく読んで生かしてくださいね。

 

 

 

タグ : 

英語学習本 1から出直し英会話BOOK   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る