英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

英語の学習であなたが陥りがちな3つのこと

読了までの目安時間:約 4分

 

 

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

 

 

日本人は、中学、高校、大学と長い期間英語の勉強をしているのですが、

 

その長さのわりに英語がちっとも身に付いていないという声をよくききます。

 

 

 

また,英語への苦手意識も手伝ってなかなか英語得を自分のものにすることができないでいます。

 

それはなぜなのでしょう。

 

ここでは、その3つの問題点について考えてみましょう。

 

 

1.英語の教材をついたくさん買い込んでしまう。

本屋さんに行けば、たくさんの英語の教材を売っています。

 

しかも毎日のように新しい教材が発売されています。

 

そしてそれらをすぐに買ってしまう人たち。

 

 

 

でも、その人たちはその教材をきちんとまで学習しているのでしょうか。

 

新しさに惹かれて次々と買ってしまうのではなく、

 

本当に学習しやすいものを選んで、じっくりと付き合うことが大切です。

 

 

 

2.インプットするだけでアウトプットをしない。

英文法をノートにきれいに書き出した。

 

英単語、熟語をたくさん覚えた。

 

それだけでもう、英語を勉強したような気分になっていないでしょうか。

 

 

 

でも、そこで終わるのではなく、

 

英文や単語を書き出してみたり、

 

誰かにじぶんの覚えたことを教えてみたり、

 

じぶんでテストの問題を作成してみたりすることでさらに英語が身に付きます。

 

 

 

3.やる気が続かない。

 

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

 

はじめはがんばって英語を勉強しよう、と思うのですが、

 

いつのまにかそれが惰性になってそのモチベーションが続かない、というのはよくあることです。

 

 

 

でもそれでは英語学習が苦痛になるだけになってしまいます。

 

そこで、少しでもモチベーションが上がる方法を考えます。

 

 

 

たとえば、英会話カフェなど,外国人の集まるところにあえて参加してみる。

 

英語を話さざるを得ないような状況にじぶんを置く。

 

大好きな映画(洋画)をひとつ決めて、それを何回もみる。

 

しだいに字幕なしでも分かるような場面が増えてくる。

 

メニューが全部英語で書いてあるお店をさがして行ってみる。など方法はいろいろあります。

 

以上、英語の学習で陥りやすい3つを紹介しました。あなたはこれらにあてはまっていませんか。

 

タグ : 

英語学習法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る