英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

留学生に聞く!身につく英語習得法

読了までの目安時間:約 4分

 

・英語の勉強は英語文化を知ること

84e2d9b191281728ac0fbbb68d40e41c_s

 

 

日本語でも英語でも言語には、

 

それぞれの場所で生まれて根付いた歴史的背景や思想というものが存在します。

 

そのため、ただ闇雲に英単語を覚えても本当の英語を身につけるということには

 

少々難しいところがあると言えます。

 

 

 

というのも、確かに英単語を覚えるとテストで長文が読めるようになりますし、

 

文章も書けるようになります。

 

 

 

しかし、実際に日本の英語教育を受けて初めて留学をした時、

 

「全く英語を話せない」

 

「相手の言い回しが理解できない」

 

など実用的な英語に全く対応できなかったことにショックを受けました。

 

 

 

なぜ、イギリス人は

 

「天気の話をよくするのか」

 

ということを理解すれば

 

「It's pretty day!」

 

など天気の話をしている最中に

 

「プリティー」

 

という可愛いと日本語で訳される言葉が出てくるかがわかります。

 

 

 

単語を覚えるときに、1つ相手の国の文化や実際に使われる場面でなぜその単語を、

 

その言い回しをしているのか、

 

語学の深い部分にも興味を持っておくと頭により単語が定着していきます。

 

また、文章で覚えることができますので、自然と話せるようになります。

 

 

 

・日本語にはない発音を知ること

61hSUlLb9tL._SX354_BO1,204,203,200_

 

 

英語には英語特有のアクセントであったり、イントネーションが存在します。

 

それに比べると日本語は特にアクセントというものはありません。

 

 

 

そのため、起伏のない発音で英語を喋ると相手は認識してくれません。

 

いくら正しい単語を使用しているとしても理解してくれませんので、

 

英語を勉強している身とすれば、

 

「やはり自分の英語はダメなんだ」

 

と自信を失う事態にもなりかねません。

 

 

 

そうならないために、

 

どのようなアクセントが英語にはあるのか?

 

全部で何種類か知っておくこと、

 

そしてまずは舌の動きを真似てみることです。

 

 

 

真似ることで似た音を出せるようになります。

 

習得するにはまずは本物を真似ることから始めると着実に実力はついていきます。

 

継続することで自分の実力へと繋がってきます。

 

ぜひ、コツをつかんで、継続することを意識して勉強しましょう。

 

タグ :  

英語学習法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る