英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を比較して口コミや評判を暴露

英語教材を実際に使用した口コミや評判を暴露!効果と内容を徹底的に比較しています。

歌で覚える英語

読了までの目安時間:約 4分

 

洋楽を聴くこと

61hSUlLb9tL._SX354_BO1,204,203,200_

 

 

今の時代、インターネットを使用すると簡単に日本の音楽だけでなく、

 

洋楽にまで検索して視聴することができるようになりました。

 

 

 

特に、英語を学習している人に多いのが

 

「何を言っているのか聞き取ることができない」

 

という課題を持っている人が多いです。

 

これに対する対策は、まずは洋楽を聴くことです。

 

 

 

洋楽には必ず歌詞カードがあります。

 

その歌詞カードを見ながら何度も繰り返して聞くことをお勧めします。

 

それは、目で見ている英単語をネイティブの人はどのような音で

 

発音をしているのかをまずは知る必要があるからです。

 

 

 

目で見て、ローマ字読み、日本語のアクセントで自分の思い込みで音を作り出して

 

知らずしらずのうちに音楽を無意識に聞いていると

 

「思っていた音と違う」ということで認知している単語とは認識されず、

 

雑音として脳が判断してしまいます。

 

 

 

まずは、歌詞カードに書いている単語と耳で拾った音を照らし合わせてあげることで

 

正しいネイティブの発音を頭の中に叩き込むことができます。

 

 

 

時間がかかる作業ではありますが、

 

自分がその単語に対してどこまで思い込みの発音を

 

しているのかという程度によって習得までの個人差が生まれます。

 

継続することでまずは耳から英語を覚えていくのも重要と言えます。

 

 

好きなグループに絞ること

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

 

 

次に、音楽で英語を勉強するというのは重要であり習得には必須であると言いました。

 

しかし、闇雲に洋楽を聞いていると混乱することが出てきます。

 

それは、洋楽というと英語の音楽ですのでアメリカ人、イギリス人、など

 

様々な国々を出身であるアーティストが奏でる歌が混ざります。

 

 

 

ヒットチャートを検索するとより混合しているのがわかりました。

 

実は英語といっても国によって発音も違えば言い回しも違います。

 

そのため色々な国の英語を聞いてしまっては、

 

覚えた正しい発音がまた別の人の音で塗り替える作業が必要となり

 

なかなか思うように前には進めません。

 

 

 

そのため、自分のすきなアーティストのみに絞って洋楽を聴きましょう。

 

そうするとそのアーティストの話す英語がわかるようなります。

 

選ぶアーティストは、できればイギリスかアメリカ出身のアクセントの綺麗な方がオススメです。

 

タグ :  

英語学習法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る